ビザ情報

短期滞在ビザが更新できるケースとは

短期滞在ビザ、これは日本に住む親族を訪問したり、旅行したり、仕事のため短期出張したりするときのビザです。

元々、文字通り、短期間滞在するためのビザですので長期間日本に滞在できないことになっています。

そのため、通常は、日本滞在中に急病やケガにより緊急入院するなどやむを得ない事情がないと、短期滞在ビザの更新はできません。

 

しかし、新型コロナウイルス感染症拡大による帰国困難者には、特別に短期滞在ビザの更新ができるよう配慮されています。

更新するためには

  1. 在留状況が良好であること
  2. 滞在費用が支払えること
  3. やむを得ない理由があること

この3点が必要です。

①は、つまり犯罪や不正を行ったりせず、善良な人であることが条件です。これはどの在留資格であっても必要な条件です。

必要書類

  1. 在留期間更新許可申請書
  2. 理由書
  3. 日本に入国してから現在までの活動を説明する資料(理由書に記載しても可)
  4. やむを得ない理由を証明する資料
  5. 滞在中の経費や出国のための費用を支払えることを証明する資料

 

②理由書には、具体的に、なぜ帰国できないのかを記載しましょう。

×:帰国後に隔離されるのがいやだから

×:もう少し日本で観光したいから

×:日本でワクチンを打ちたいから

○:飛行機が飛んでいない

○:飛行機のチケットが高騰しすぎて購入できない

○:急病により緊急入院した

大切なのは「やむを得ない事情があること」です。個人的な都合で更新することはできませんのでご注意ください。

 

④短期滞在ビザの場合、更新できるかの最大ポイントはここです。

例えば、飛行機の欠航が分かる航空会社の資料/減便のため飛行機代高騰となっているのが分かる旅行会社サイト/その国に帰国できないことが分かる新聞記事/入国制限されていることが分かる大使館サイトの記事/診断書などで証明します。

 

⑤は、預金残高証明書/通帳コピー/帰国用航空券/親族の収入が分かる資料(課税納税証明書)などです。

 

短期滞在の更新申請は、行政書士にも依頼いただけます。相談は下記までどうぞ。

CONTACT US

在留資格・ビザの相談予約は
かんたんネット予約から(24時間予約可能)

ネット予約する

TEL : 03-6868-8501
電話受付時間 9:30~17:30(土日祝休)

WeChat ID: rkanda_kanda

ABOUT ME
閑田 里枝子
申請取次行政書士/ビザ取得アドバイザー 大学卒業後、大手損害保険会社勤務、中国6年在住を経て行政書士事務所を開業。東京都千代田区神田で外国人向けの在留資格申請を取扱う。東京開業ワンストップセンターの入管ブース相談員を務める。外国人の起業や雇用の在留資格の相談を多く受ける。